ブランドアイテムは業者に買取ってもらおう!

使わなくなったブランド品など、箪笥の中に眠らせたままにしておくのはもったいない話です。もし、手もとに使わなくなったブランド品があれば、業者に買い取ってもらいましょう。古くなっても、流行遅れでも、使いこまれてボロボロになってもお金になりますよ!

買取業者と質屋の違いとは?

品物を買取るのが業者

不要の品物を買い取って、現金化させるのが、買取業者です。業者はそれを仕入れと位置付けます。リサイクルショップなどをイメージすればよいでしょう。「買取」ですので、その時の相場や価値観に応じて高く買い取ってもらえるケースもあります。

質権として預かるのが質屋

質屋はその品物を担保にしてお金を貸すお店です。お金を返済すれば、質に入れた品物は手元に戻りますが、期日までお金を返済することができなければ、「質流れ品」として所有権は質屋の元に変わります。買取りとは異なりますので注意が必要です。

ブランド買取は鑑定士のいる業者に依頼

質屋などでブランド品を買取してもらう場合は、ブランド品に詳しい鑑定士がいる業者に依頼することをおすすめしています。どんなに古いものでも壊れていても真贋が分かればその価値がぐんと高まります。古いモデルでも、高額買取を期待したい場合にはぜひ鑑定士に査定を任せましょう。

ブランド買取の流れ

男性

品物を業者に持ち込む

自宅に眠っているたくさんのブランド品や貴金属があれば、是非それらを集めブランド品買取業者へ持ち込みましょう。特にパネライやロレックスなどの時計は時を刻まなくても買取ってもらえます。片方だけのピアスなども持ち込んでみてくださいね。

鑑定士が丁寧に査定

持ち込まれた貴金属やブランド品は、鑑定士が真贋や重さなどを丁寧に確認します。その上で、相場に合わせた価格付けを行います。鑑定士が鑑定することで、質が悪いものや壊れているものでも値段がつくことが多いですよ。

査定価格に納得できたら成立

鑑定士から提示された価格に納得できたら、買取成立です。買取申込書の記入や本人確認が完了していれば、その場で即支払いがなされます。その金額を確認すれば完了です。ここまでの流れは30分たらずで完了します。

高い時計ほどブランド買取をすべし!注意点を知って後悔ナシ

腕時計

腕時計を買取依頼する際の注意点

ルミノールマリーナなどの高額な腕時計を買取依頼する場合は、壊れていても良いので、オリジナルバンドのまま持ち込むことをおすすめします。修理をした時計でも構いませんが、純正部品を使うことが前提となります。ただし、ガラス面や背面などは汚れを取っておくことをおすすめします。またギャランティカードや専用箱なども一緒に持ち込みましょう。他のパネライの時計やロレックスの時計などは真贋を明らかにしてもらえるお店、鑑定士が在籍しているお店に持ち込むことで、相場より高額で買い取ってもらえる可能性も高まります。

広告募集中